弁護士事務所

弁護士事務所 検索

地域から弁護士事務所を検索

北海道/東北 北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島  
関東 東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬 山梨
信越/北陸 新潟 長野 富山 石川 福井      
東海 愛知 岐阜 静岡 三重        
近畿 大阪 兵庫 京都 滋賀 奈良 和歌山    
中国 鳥取 島根 岡山 広島 山口      
四国 徳島 香川 愛媛 高知        
九州/沖縄 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄

他の法律専門家

司法書士 行政書士 社会保険労務士

弁護士とは

◆ 弁護士とは
弁護士(べんごし)とは、法的手続において当事者の代理人、被告人の弁護人として法廷で主張・弁護等を行うほか、各種の法律に関する事務を行う職業、またはその資格を持った者をいう。当事者の代理人としての委任契約等で報酬を得る。 日本では、その職掌・資格に関しては弁護士法などで規定されている。シンボルは中央にエジプト神話マアトの「真実の羽根」との重さを比較する天秤を配した向日葵(ひまわり)で、徽章(バッジ)もこのデザインによる。

◆弁護士の報酬
弁護士報酬(依頼者が弁護士に対して支払う費用)は、原則として各弁護士が定めるものであって統一的・客観的な基準はなく、同様に専門家のサービスの提供を受ける医療と比べても、保険制度(医療なら、医療機関を受診する際に使用する健康保険制度)が存在しないことから、あまり明確に共通認識がなされていない。実際、個人の依頼者にとっては、その報酬(費用)は高額(例えば、タウンページの広告やインターネット上の法律事務所のHPでは、大体、30分あたり5000円という相談料金が多い。)とのイメージとなりがちであり、資金面での不安から依頼を躊躇する者も多いのが現状である。医療分野における公的保険制度の存在は、誰でも医療サービスを受ける可能性があり、かつ、受ける必要がある場合にはその資力に関わらず受けることができなければならない、という社会的コンセンサスが背景に存在する。これに対して、法律サービスにおいて公的保険制度がないことは、法律サービスについては同様の社会的コンセンサスがないことが背景に存在する。

◆他の法律系資格との関係
日本の弁護士は、司法書士、行政書士、社会保険労務士、海事代理士の職務を行うことができるが、公認会計士、土地家屋調査士の業務については行うことができない。弁理士、税理士については、弁護士法上、当然にこれらの職務を行うことができる

会社概要